システムのすぐれた特徴 その1
Utility(ユーティリティ)

実用に必要な機能を備えています

システム導入により成果をあげるには、まずは実用に必要な機能がそろっていることが絶対条件です。

システムのすぐれた特徴 その2
Usability(ユーザビリティ)

使う人の身になった使いやすい操作性

業務の流れにそったメニュー構成や画面のレイアウト、よく使うボタンはわかりやすく目立つ場所にあるかなど、
ユーザーの視点に焦点を合わせて設計し、快適な操作性を追及しています。

システムのすぐれた特徴 その3

Pleasurability(プレジャビリティ)

楽しくすることで仕事を応援します

システムを使うのは人です。画面の雰囲気や色の配色など、楽しいほうが仕事もはかどります。